認定薬剤師について

研修認定薬剤師とは

認定薬剤師制度に基づき、一定の期間内に研修プログラムを受講して、定められた単位を取得した結果を客観的に認定された薬剤師に対して与えられるものです。

認定薬剤師制度とは

一定の期間、集合研修や自己研修を受講して定められた単位を取得することで「生涯にわたる自己研鑽により資質向上努力を継続している薬剤師」として有効期限を設けた種名を受ける事ができる制度を「認定薬剤師制度」としています。
有効期間は新規取得時で4年、以降は3年毎の期間となっています。
現在の日本では医療保険制度の改革や薬学教育6年制への移行などの社会環境の変化に伴い、薬剤師には従来により高い資質を持つ事が求められ始めています。
その中で自己研鑽に励んでいる事の証明となるこの制度は、今後の薬剤師の方々にとって大きな財産になる事と思われます。

(認定薬剤師制度の総合情報サイト「認定薬剤師.com」より)

認定の評価

本学高度薬剤師教育研究センター運営委員会が「新潟薬科大学研修認定薬剤師認定基準」に基づき、申請を受けた研修認定薬剤師の新規認定及び更新認定の審査を行います。
認定に必要な単位を取得したと認められる場合は、本学学長が「研修認定薬剤師」として認定します。

研修認定薬剤師証の発行について

所定の単位を取得した受講者は、研修認定薬剤師として登録され、「認定薬剤師証」と「認定薬剤師IDカー ド」を交付します。

認定の取消条件

研修認定薬剤師として認定を受けた後、次のいずれかに該当した場合は、本学審査委員会の議を経て認定を取り消すことがあります。

このページのトップへ