認定までの流れ

この申請手順は、新潟薬科大学生涯研修認定制度に関するものです。他の認証プロバイダーで認定申請を行う場合は、申請先の規定に従ってお手続ください。

「新潟薬科大学薬剤師生涯研修履修手帳」を入手する

無料で入手できます。
◎入手場所
(1)新潟薬科大学主催「薬剤師生涯教育講座」(会場受付カウンター(朱鷺メッセ))
(2)新潟薬科大学高度薬剤師教育研究センター事務局(新津キャンパスA棟2階・大学事務部カウンター)※平日のみ

※他の認証プロバイダーの「研修履修手帳」の利用も可能

研修プログラムを受講し、「生涯研修認定単位(シール)」を取得する

「薬剤師生涯研修履修手帳」に「生涯研修認定単位(シール)」を貼付し、研修内容を記入する

◎履修条件
新規:4年間以内に40単位を修得(毎年少なくとも5単位以上を修得)
更新:3年間以内に30単位を修得(毎年少なくとも5単位以上を修得)

◎他の認証プロバイダーが発行した単位の取扱い
本学の生涯研修認定単位としてすべて認めます。(修得枚数に制限はありません)
ただし、他の認証プロバイダーの単位シールと内容が重複が認められた場合は無効です。

※認定薬剤師認証研修機関に登録されたプロバイダーで取得した単位は、原則として相互に互換性があり、どの研修機関でも有効です。

認定申請料を新潟薬科大学へ振込み、研修履修手帳と「認定薬剤師証」の交付申請書を、本学高度薬剤師教育研究センター事務局宛に送付する

申請方法に関しては「申請方法 について」を参照してください     

本学薬剤師教育研究センター運営員会が認定審査を行う

◎審査期間
申請書類受領の翌月に開催される審査委員会で審査を行うため、1?2ヶ月程度かかることもあります。

必要に応じて申請者に対し、提出書類の確認を行うことがあります。

◎審査時に申請書類に不備が認められた場合
事務局から申請書類が返送されるので、申請者は不備箇所を訂正して事務局へ再送付してください。本学運営委員会が再審査を行います。

認定審査のうえ、「研修認定薬剤師」として承認する

◎認定者に対して行うこと
1.審査結果通知の送付
2.「研修認定薬剤師」として登録
3.「認定薬剤師証」の交付

このページのトップへ