身近な植物の力を感じる50種の植物、16,000?の敷地

敷地面積が約3,000m²の学内施設(本園)には、約130m²の管理棟と約150m²の温室があり、約300種の薬用資源が栽培されています。また本学から20kmほど離れた阿賀野市にも約13,000m²の五頭分園があり、自然に近い森の中で約250種類の薬草や野草等が維持されています。

イベント情報

見ごろの植物
薬用植物写真一覧
新潟薬科大学薬用植物園五頭分園植物園スタッフ
過去のイベント開催事例紹介
ページの先頭へ戻る